2008年11月03日

昭和プラティ

【名前】昭和プラティ
【最大体長】6cm
【適正水温】20〜28℃
【適正水質】pH6.5〜8.0
【適合水槽サイズ】30水槽以上
【原産地】改良品種(原種はメキシコ南部)
【餌】何でも食べます。
【飼育のコツ】水質はどちらかと言うと弱アルカリ性のほうがいいのですが、弱酸性の水質でも特に問題ありません。水草が生い茂った水槽なら放って置いてもどんどん増えますが、大事に育てるのなら産卵箱で稚魚を取って、育成水槽で育てればいいでしょう。
【雌雄の差】雌雄の判別は簡単です。ゴノボヂウムがあるほうが雄です。メスは雄よりも大きくなります。
【繁殖】成熟したオスとメスがいれば、繁殖自体は簡単です。特に何もしなくても増えていくでしょうが、稚魚が隠れられる場所がないと親魚を含めた他魚に食べられてしまいます。マツモやリシアが大量に浮かんでいるような環境なら、稚魚を分けなくても、崩壊するまでどんどん殖えるでしょう。
【備考】我が家では以前買ったのですが、管理ミスで死なせてしまいました(/_;)
プラティの改良品種はいっぱいあるのですが、この柄がけっこう好きなんですよね^^

posted by 万里パパ at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ(卵胎生・真胎生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。