2008年12月18日

ハイランドカープ

【名前】ハイランドカープ(Xenotoca eiseni:クセノトカ・エイセニー)
【最大体長】オス6cm、メス7cm
【適正水温】15〜32℃
【適正水質】pH6.0〜8.0
【適合水槽サイズ】45水槽以上
【原産地】中米
【餌】何でも食べます。
【飼育のコツ】多少気の荒いところがあるとか。サイズも比較的大きくなりますので、混泳させる際は注意が必要です。この魚を飼育すると言うことは、普通は仔を取りたいと言う事でしょうから、混泳はしないほうが良いですね。適応する水温・水質ともに広く、丈夫で飼育しやすいと言えるでしょう。
【雌雄の差】オスは成長と共に,尾びれの付け根がオレンジがかった黄色になるので識別は容易なのだそうです。
【繁殖】成熟したオスとメスがいれば、繁殖自体は簡単です。特に何もしなくても増えていくでしょうが、稚魚が隠れられる場所がないと親魚を含めた他魚に食べられてしまいます。マツモやリシアが大量に浮かんでいるような環境なら、稚魚を分けなくても、崩壊するまでどんどん殖えるでしょう。
この魚はなんと言っても真胎生魚なので、母魚の胎盤から、へその緒がつながっていて、稚魚が生まれるときもへその緒を繋げて産まれて来るのです。一回の産仔は少ないのですが、ある程度大きくなってから生まれますから、稚魚の飼育は容易です。
【備考】一見地味な魚で、地域変異種である「ハイランドカープ・サンマルコス」の方が派手で人気があります。へその緒を繋げて生まれてくる姿を一度は見てみたいですね^^購入する場合は、大概ペア販売しています。概ね3,000円見当です。

※我が家では未導入。
写真をクリックすると購入ページに飛びます。


posted by 万里パパ at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ(卵胎生・真胎生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。