2009年03月28日

ボララス・マキュラータス

【名前】 ボララス・マキュラータス
(学名:Boraras maculatus)

【最大体長】 2cm前後

【適正水温】 22〜28℃

【適正水質】 pH6.0〜7.5

【適合水槽サイズ】 小型水槽以上〜

【原産地】インドネシア マレー半島

【餌】 小さな魚なので顆粒状の餌か、すり潰した餌をあげるといいでしょう。もちろんブラインシュリンプなら問題ないでしょう。

【飼育のコツ等】
 綺麗な発色を望む場合は弱酸性の水質をキープしてあげるのがポイントです。そのためにはピートを煮沸かした水が最適です。
 クリプトコリネの育成環境とこの魚の育成環境が似通っているため、クリプトコリネの育成水槽に入れておくといいでしょう。
 したがって水草水槽の環境で飼育すると調子がいいようです。
 混泳は、この魚を食べてしまうような魚や、気の荒い魚とでなければ問題ありません。

【雌雄の差】
 オスはメスよりも一回り体が小さく、色彩はメスよりも派手です。また、オスの尻鰭には赤いスポットと黒い縁取りがありますのでそこでも区別できるようです。

【繁殖】
 水草の上に卵をばら撒くように産卵するようです。ピートモスなどで弱酸性の軟水に水質調整した水槽で、産卵床として毛糸のかたまりなどを入れておくと産卵し、稚魚が孵化している事があるようです。
 ただし、稚魚は相当小さいのでPSBなどを初期飼料にするといいでしょう。

【備考】
 ウロフタルモイデスやブリジッタエにとても似ていますが、本種の方が大きくなるのと、体の中央部にあるスポットが円形をしていることから区別が出来るようです。


※我が家では未導入
写真から購入ページに飛びます。

ブログランキングに参加しています。バナーを応援いただけると張り合いになります^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へブログランキング
posted by 万里パパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コイ・ドジョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116368500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。