2009年05月07日

グリーン・スマトラ

【名前】グリーン・スマトラ
(学名:Puntius tetrazona var.)

【最大体長】6cm

【適正水温】20〜28℃

【適正水質】pH6.0〜7.5

【適合水槽サイズ】30水槽以上

【原産地】改良品種(原種スマトラはスマトラ、ボルネオ)

【餌】何でもよく食べます。

【飼育のコツ】
 ネットや図鑑などでこの魚を調べると、丈夫で繁殖も可能だけど、大変気が荒く、混泳不向きと紹介されています。実際のところ、長いひれを持つ魚と混泳させると、ヒレをぼろぼろにするようです。不向きな魚種の筆頭にエンゼルフィッシュが上がっていますね。
 活発に泳ぎまくり、貪欲に餌を食べるので、餌取の苦手な魚との混泳も難しいでしょう。
 それほど水流を苦にしません。底床は有っても無くても問題ありません。水草水槽に入れることも出来ます。

【雌雄の差】
 オスの尻鰭は赤く縁取られ、メスはそれほどでもないところで判別するようです。

【繁殖】
 水草の上に卵をばら撒くように産卵するようです。しかし、産卵直後から親が卵を食べ始めてしまうため、産卵したら親魚を水槽から取り出したほうがいいようです。孵化した稚魚は、最初からブラインシュリンプを食べることが出来、育成は容易で、成長も早いそうです。でも、この魚を大量繁殖させても引き取り手は・・・

【備考】
 原種スマトラの黒い縞の中にはメタリックグリーンに輝く部分があるのですが、そこに着目し品種改良されたのがこのグリーンスマトラです。
 紹介している写真はもちろん幼魚の写真ですが、成魚になると体高もでて、色乗りも良くなりかなり美しい魚になるようです。混泳は難しいのですが、同じコイ科の魚で、比較的活発に泳ぐ魚(例えばゼブラダニオなど)なら問題ないようです。コリドラスとの混泳も可能のようです。我が家では原種スマトラがカラシン類と一緒に泳いでいますが、それほど問題はありません。

※我が家では未導入
写真から購入ページへ飛びます。

少しでもお役に立てたなら下のバナーをクリックいただけると嬉しいですm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へブログランキング
posted by 万里パパ at 19:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | コイ・ドジョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気性が荒く混泳が難しいというイメージが先行してしてしまってなかなか手が出ないんですよね。
グリーンスマトラ、飼ってみたいと思ってから、もう15年(笑)
Posted by カノッチ at 2009年05月08日 16:34
グリーンはともかくスマトラは飼ってます。
気性が荒いと言うよりも、動きが俊敏で餌に貪欲と言う感じです。結果的に他魚に影響は与えるものの、そんなにめちゃくちゃな熱帯魚ではないですよ^^
Posted by 万里パパ at 2009年05月08日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118831097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。