2009年05月09日

アタエニオビウス・トゥエリー

【名前】アタエニオビウス・トゥエリー
(学名:Ataeniobius toweri)

【最大体長】7cm

【適正水温】20〜28℃

【適正水質】pH6.5〜8.5

【適合水槽サイズ】45水槽以上

【原産地】メキシコ

【餌】何でも食べます。

【飼育のコツ】
 多少気の荒いところがあるとか。サイズも大きくなりますので、混泳させる際は注意が必要です。この魚を飼育すると言うことは、普通は仔を取りたいと言う事でしょうから、混泳はしないほうが良いですね。しかしながら、このメダカ、他のメダカ類と一味違って?なかなか子を産まないのです。ですから、これを敢えて産ませると言うことに飼育意欲を燃やせる方には大変向いた熱帯魚だと言えます。
 凶暴なところがある割には臆病で、隠れ家を必要とします。水草を多めに植え、石組みなどで隠れ家を作ってあげましょう。
 それなりに大きくなるので濾過能力もある程度必要になってきます。水流はそれほど気にしません。

【雌雄の差】
 オスは光の加減で尾が青く輝いて見え、また、発情すると鰭が黄色くなってくるようです。メスのほうが大きくなります。

【繁殖】
 飼育のコツのところにも書きましたが、とにかく簡単には繁殖しません。以下はあくまでも推測ですが、季節感を与える方がいいのではないでしょうか?日本のメダカも水温変化や日照時間の変化などを引き金に産卵するようです。水温が低い時はこの魚もお産しないようです。

【備考】
 一見地味な魚ですが、オスの尾鰭は青く輝きなかなか綺麗です。大き目の水槽で飼育してあげれば、オスは8センチ、メスは10センチほどまでに成長することがあるようです。
 現地では、自然破壊と水質汚染により絶滅危惧種となっているようです。この熱帯魚を飼育する人は、そこのところを良く考えて、なるべく繁殖が成功するように工夫して飼育してあげてください。

※我が家では未導入。
写真をクリックすると購入ページに飛びます。

ブログランキングに参加しています。少しでもこの記事がお役に立てたなら、バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へブログランキング
posted by 万里パパ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ(卵胎生・真胎生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。