2009年06月07日

リミア・ペルギアエ

【名前】リミア・ペルギアエ
(学名:Limia perugiae)

【最大体長】7〜10cm

【適正水温】24〜28℃

【適正水質】pH6.5〜7.5

【適合水槽サイズ】45水槽以上

【原産地】中米、ドミニカ共和国

【餌】何でも食べます。

【飼育のコツ】
 この熱帯魚のようにある程度大きくなるタイプのメダカは多少気の荒いところがあると言われています。サイズも10センチと大きくなりますので、混泳させる際は注意が必要です。この手の魚を飼育すると言うことは、普通は仔を取りたいと言う事でしょうから、混泳はしないほうが良いですね。それ以外の点は他の卵胎生メダカの飼育と大差ありません。
 気が荒い割に臆病なのもメダカの仲間の特徴と言えるでしょう。隠れ家を作ってあげると落ち着きます。水草を多めに植え、石組みなどで隠れ家を作ってあげましょう。
 それなりに大きくなるので濾過能力もある程度必要になってきます。水流はそれほど気にしません。
 水質は中性付近が良いでしょう。硬度も少し高めの方が向いているのは金魚や日本のメダカ、グッピー、プラティなどとも同様です。

【雌雄の差】
 オスは体色が黄色っぽく、鰭も黄色と黒が入ります。メスの鰭は透明で、体が大きくなります。

【繁殖】
 ペアで飼育していれば繁殖するでしょう。親魚のサイズが大きいため、小さな産卵箱では役不足ですから、そこは気をつけましょう。
 稚魚を大事に育てたい場合はブラインシュリンプを使用すると良いでしょう。

【備考】
 メダカ類は一見地味のように見えても奥深い美しさがあります。他の卵胎生メダカ(プラティやモーリーなど)と同様に、飼育にそれほど気を使わなくても大丈夫ですし、繁殖も容易なので入門魚としてもお勧めです。ただし、殖やそうと思うのなら60水槽程度でスタートすべきでしょう。

※我が家では未導入。
写真をクリックすると購入ページに飛びます。

posted by 万里パパ at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | メダカ(卵胎生・真胎生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん大きくなるメダカですね。
他のメダカ類と混泳させると混血稚魚が産まれてしまうのでしょうか〜?
Posted by カノッチ at 2009年06月09日 13:59
カノッチさん
プラティ、モーリーの仲間ならひょっとしたら雑種が出来るかもしれませんが。。。
それでも属が違うので無理ではないかと思いますよ。
Posted by 万里パパ at 2009年06月09日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。