2009年08月25日

紅白ソードテール

【名前】紅白ソードテール
(学名:Xiphophorus helleri var. 英名:Koi Swordtail)

【最大体長】オス10cm、メス12cm

【適正水温】22〜28℃

【適正水質】pH7〜8 硬水

【適合水槽サイズ】45水槽以上

【原産地】改良品種

【餌】何でも食べますが、植物質の餌も与えるべきです。

【飼育のコツ】
 飛び出しますの蓋は必須です。また、オス同士争いますのでオス1+メス2〜3で飼育するとうまく行くでしょう。
 弱アルカリ性の硬度がある水質が好みです。中性付近でも問題なく飼育できるでしょう。
 濾過能力さえ満たしていればこれといって飼育環境を選びません。
 混泳についてですが、この魚自体が多少気の荒いところがあるほか、アルビノで視力が弱い可能性がありますので、あまりお勧めできません。強いてあげるならコリドラスあたりが無難かもしれません。

【雌雄の差】
 オスの尻尾の下側が、名前の由来のようにソード状に伸びていきます。メスはそれがない代わりに少し大きくなります。

【繁殖】
 卵胎生のメダカです。子孫を繁栄させるためには産卵飼育箱などで稚魚をとって育てないと親魚に食べられてしまいますので気をつけましょう。稚魚は大きいので、最初からブラインシュリンプを食べることが出来ます。

【備考】
 この熱帯魚は"KOI"ソードテールと言われているのですが、この"KOI"はもちろん「鯉」です。まるで錦鯉のような模様からこの名前がつけられています。日本では紛らわしいので紅白ソードテールと呼ばれています。ルビーアイ・ソードテールとも言われるのですが、その名が示すとおり真紅の瞳を持ったアルビノ種です。
 アルビノ種が示す赤い色は本当に美しいことが多いのですが、この種も類に違わず大変美しい熱帯魚となっています。

※我が家では未導入。
写真をクリックすると購入ページに飛びます。

posted by 万里パパ at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ(卵胎生・真胎生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126472812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。