2009年09月09日

アマゾンチドメグサ

【名前】アマゾンチドメグサ
(学名:Hydrocotyle leucocephala)

【推奨する育成環境】
水質→ 弱酸性から弱アルカリ性の幅広い水質に適合します
水温→ 20〜28℃(枯れない、と言う意味では5〜30℃)
CO2→ 不要(添加した方が成長は早いです)
光量→ 1リットル当たり0.4W以上(60水槽で20W以上)推奨
有効な施肥→ 不要(行う場合、液肥、カリウム溶液など)

【育成のコツ/備考】
 適度なCO2の添加で葉が大きく広がり、見ごたえの有る水草になります。しかし、やりすぎると間延びして寂しい姿になります。肥料も与えることによって成長が早まりますが、トリミングが大変かもしれません。逆に、光量が少ないと葉が矮小化して次第に枯れていきます。肥料不足で大きな問題がおきることは無いようです。
 マツモと同じように、根のない浮き草です。浮かべて使用しても悪いことは何も無いのですが、一般的には鉛の重りなどでまとめて沈めて使うことが多いようです。中景〜後景に使われることが多いのですが、変わった姿なのでアクセントには良いようです。
 育成が簡単で、光量も必要とせず、水質浄化に役立つと言う優れた水草です。

写真をクリックすると購入ページへ飛びます。
※我が家では未導入ですが、近いうちに導入してみたいです。

タグ:有茎草 水草
posted by 万里パパ at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水草(有茎草) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか、見栄えはともかく浮かしておいてもいいんですね。楽そう(^o^)
Posted by カノッチ at 2009年09月11日 19:37
カノッチさん
釣り用の板おもりを巻いて沈めておくのも簡単ですよ^^
Posted by 万里パパ at 2009年09月12日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
おすすめフィルター♪ おすすめ水槽♪ おすすめ照明♪
おすすめ小型水槽セットおすすめヒーターセット♪ おすすめ底床♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。